2008年10月24日

Gastric Bypass受けた親戚そのA

以前旦那側の義理の伯母さんがGastric Bypass受けたってブログに書いたんだけど(エントリーはコレね)、その伯母さんに今回会いました。

見て一言、「うぉぉぉぉ〜!縮んでる!!!」

ちょうど去年のサンクスキビングあたり(11月末)に手術したけど、一年も経たないうちに180パウンドも痩せたんだってさ!

・・・180パウンドっておよそ81キロですよ。

・・・それって今の私の一人分の体重とあんまり変わんないんですけど。

・・・ってことは伯母さんは今まで私一人分を体に背負って生活してたってこと??Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

・・・83キロでも十分体は大変なんですけど・・・

伯母さんは身長が私より低いから、たぶん158センチくらい。手術前の体重は180キロくらいあったようなんで、ここ何十年と体が悲鳴を上げ続けてたんだろうなぁ〜。

伯母さんは「痩せてとっても気分がいいわよ!洋服も今12号だけどゆるくなってきたしね。クリスマスまでにはもっと痩せてるわよ!」とうれしそうに話してくれた。12号の洋服って今の私とほぼ同じくらいのサイズだYO!

お腹(上腹部)も見せてくれたけど、なにせバーの中が真っ暗でよく見えないwwwでもそんなに皮がびよ〜んには見えなかったけどね。

ゴルフボールくらいしか食べられないんでしょ?って聞いたら、「それよりはもうちょっとだけ食べるけどね。」って言っていた。

確かに生命の危険にさらされるほど太ってる人はこうやって手術して痩せるのもいいかもしれないけど、胃が小さくなったからって食欲まで減るわけじゃあないからダイエット的にはかなりキツイと思う。

食べたい欲求が今までと変わらずあるのに、胃だけは小さいからホントに少量しか食べられない。それでも食欲に勝てずにドカ食いすると今度は胃が痛くなって体が大変なことになる・・・。

必ず痩せられる保証はあるけど、精神面でのコントロールが大変だよな〜。

・・・ってことで意思の弱い私はレコダイのほうが向いてるヮ(゚∀゚ )





posted by でぶぱんだ at 06:52| Comment(8) | 他人のダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしなら気が狂っちゃうかも…ですね。

81kgも痩せるなんて、ホントに何もかも大きな国ですねぇ。
MK(胃癌)で胃の全摘OPっていうのはあるけど、Gastric BypassのOPって日本にもあるのかしら?
看護師なのに知識不足だわ!
(*_ _)ハンセイ
Posted by maako at 2008年10月24日 16:18
気分良く過ごせてなによりですね

僕も今のダイエットを頑張ろうと思います
Posted by メタボ人 at 2008年10月24日 17:54
すごいなーー。
でも、私ももし180キロ位になっちゃってたら手術考えちゃうかも〜。
たまにはいっぱい食べたいから、胃が痛いのはやだなぁ。
地道に少しづつでも痩せて行きましょう!!
Posted by やすみん at 2008年10月24日 23:33
ウチは父親が胃の2/3を切って22kg痩せました。元々66kgだったのが最低44kg!!

でも、今は50kgまで回復。時間がたつと食べられるようになるんですよ。だから、食生活を換えないとまた食べちゃうようにやっぱりなるかも…痛い目をした上に太るなんて絶対にやだぁ〜!!
Posted by たすく at 2008年10月25日 00:02
maakoさん、

私もきっと発狂すると思いますよ〜(笑)。でもアメリカは手術前に患者を教育したり、術後のカウンセリングとかも充実してるし、手術を受けた人たちのサポートグループもあるし、きっとバイパス手術を受けた人は精神的なサポートには恵まれてるかと思います。

日本では太りすぎでの胃の摘出手術ってなさそうな感じですね。アメリカだと日本じゃ想像付かないくらい太ってる人が多くて(200キロとか300キロとか400キロレベル)、そのために死んでしまう人もいるからまさに救命手術状態ですよ。

メタボ人さん、

私がMAXのときの93キロでも大変だったのに、その倍近く太ってた伯母さんはよっぽど大変だっただろうなあって思います。なにせちょっとした坂道が上がれなくて、義理母が後ろから押してたようですから。

これからも一緒にダイエットがんばりましょうね!

やすみんさん、

私も生命に関わるくらい太っちゃったら手術かもしれないなぁ。でもこの手術、アメリカじゃあ人気があって、芸能人も手術を受けて広告塔として宣伝してるくらい。

私たちみたいな小デブは地道にレコダイでがんばろうー!

たすくさん、

たすくさんのお父様は胃がんの手術を受けられたんですよね。確かに時間が経つとまた食べられるようになるみたいで、芸能人でもこの手術を受けて激ヤセしたにもかかわらずリバウンドしちゃった人とかいますよ。
またこの人のことは後々書きたいと思いますが、胃を切っても成長して大きくなるんですかね?
Posted by でぶぱんだ at 2008年10月25日 04:41
今年KONISHIKIさんがやって話題になりましたね、100kg近く痩せたようです。
(それでも200kg近くあるのでまだまだなんでしょうけど、だいぶお顔もすっきりされて効果はあったようですね)
映画の「スーパーサイズミー」内でも出てきてましたけど、やはりあれはアメリカ人の食に対しての意識が違うからナンでしょうね、腹さえふくれればいいということを改めない限りは。
Posted by hapo at 2008年10月25日 10:46
ご無沙汰してしまいました!
やっとダイエット戦線復帰のぶぅぶ。です。
先週末に東京へ行ってたんですけど、駅の階段上り下りで結構ヒザにキテしまいました(汗
ちょっとウォーキングも怖い感じです・・・。
でも季節が良くなってきたから、ゆっくりとでも、カラダを動かして行きたいです。
水中ウォーキングにしてみよっかな?と思ってる今日この頃です。
Posted by ぶぅぶ。 at 2008年10月25日 12:46
hapoさん、

KONISHIKIさんが手術受けたんですね。やっぱりあのくらいの肥満でないと手術はさせてくれないと思いますよ。
今日も公園ですごい太った女の人見ました。自分で歩けなくて電動車椅子で移動してたんですけど、気の毒に思いました。やっぱり食に対する違いで肥満の人の割合が高くなるんですね。

ぶぅぶ。さん、

お久しぶりでーす!東京からおかえりなさい。東京の駅って階段すごいですよね。乗り換えとかでホーム移動とかすごい運動量になるし。
水中ウォーキング、あれは足に負担かからないけどかなり運動になるんでいいと思いますよ〜。とりあえずは膝のほうお大事にしてくださいね。
Posted by でぶぱんだ at 2008年10月26日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。