2008年08月21日

アメリカのWeight Watchersダイエット

「Weight Watchersを併用して・・・」なんて書いておきながら全然このことについて触れてませんでしたね。

Weight Watchersはかいつまんで言うとレコーディングダイエットとあまり変わりないです、ハイ。

しかしながらかなり歴史が古く、1950年代からあるようです。現在ではオンラインツールとオフラインのミーティングがあって、オンラインツールは月に17ドルくらいで、Weight Watchersのサイトにログインして、毎日食べたものとか運動量を記録します。

でもレコーディングダイエットと違うのは、カロリーの代わりにポイント制になっていて、登録時の体重と身長と年齢で自分の一日分のポイントを割り出します。そして食べ物は「りんごは1個1ポイント、ご飯1カップは4ポイント」といった具合にそれぞれポイントがついているので、自分の一日のポイント内に収まるなら何でも食べてもいいことになっています。

このポイントはカロリーではないので、脂分の多いものはポイントが高く、逆に糖分の多いフルーツ類は脂がないのでポイントがとても低いです。どうやらこのダイエットの狙いは、いかにして普段の食事から脂分を減らし、野菜や果物をたくさん食べのに慣れるってことみたいです。

あと週にボーナスポイントを与えられるので、それで食べすぎを補ったり、外食時に使うことができます。ちなみに運動した分もマイナスポイントとして数えられます。

そんなポイント制カロリー計算をするオンラインツールに加え、月に35ドルくらい払うとオフラインミーティングに参加できます。

オフラインミーティングには実際にWeight Watchersで体重を落としてそれを維持してる人がリーダーになって、他のWeight Watchersのメンバーやリーダーとダイエットの悩みを打ち明けあったり、モチベーションを高めたりできるようです。

【関連する記事】
posted by でぶぱんだ at 12:47| Comment(0) | Weight Watchers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。